美白美容液でマシュマロ美肌に~肌をバリアし美革命を~

乾燥させない

女性

肌には本来保湿をして乾燥から守る働きが備わっています。 若い頃にはこの肌の機能が正常に働いているので、みずみずしくハリのある肌を維持することができます。 しかし、加齢などによってこの機能が弱まってしまうため、保湿物質の生成量が低下してしまって、水分が逃げやすくなってしまうため、肌が乾燥してしまうのです。 乾燥を防ぐためには、減少してしまった保湿物質を保湿ジェルなどで補給するのが効果的です。 肌の奥のヒアルロン酸やコラーゲン、そして肌表面のセラミドなどがこれに当たります。 特にセラミドは肌表面から水分が逃げるのを防御して、異物が肌に入らないように守る役割もしています。 加齢と共に減少してしまうので、保湿ジェルにはセラミド配合のものがおすすめです。

保湿ジェルには様々な美容成分が配合されていて、たくさんの種類があります。 肌の表面で保湿を担っているのが皮脂とNMF、細胞間脂質です。 この細胞間脂質には保湿成分であるセラミドが多く含まれていて、油分と水分のバランスを保って、保湿する役割があります。 また、肌の奥ではヒアルロン酸やコラーゲンが水分を抱え込んで、潤いを守る役目をしています。 この三つの保湿成分がとても重要で、保湿ジェルを選ぶ時にはこれらの成分が含まれているものを選ぶのが良いでしょう。 それほど保湿力は高くないものの、空気中の水分をキャッチして肌を潤してくれるのがグリセリンです。 多くの化粧品に含まれている成分ですが、濃度が高くなると水分が蒸発しやすいという特性を持っています。